二重になるとコンプレックスが自信になる❘女性の大きなイメチェン

ウーマン

いくつかの施術

目を閉じる人

多数の女性に選ばれている二重形成術は、自分の好きな方を選択できるようになっています。自分の目の形を踏まえて理想するイメージにより近づける施術法を、担当医自身に決めてもらうことももちろん可能です。重たい一重をぱっちり二重にするなら、切開法によって直接メスを入れてまぶた内にある脂肪を取り除きましょう。目の周りには筋肉がありますが、普段からあまり目を大きく開ける運動などをしていなければ筋力は衰え、まぶたに脂肪が溜まりやすくなります。まぶたの脂肪をマッサージや運動によって解消することは難しいので、切開法によって著しく脂肪を取り除くことが最も早く結果を残す方法だと言えます。

切開法で脂肪を取り除いた後は、二重のラインに合わせてまぶたの皮膚を切除していきます。切除されたまぶたは、利用者が希望する二重のラインに合わせて縫合されるので、幅広い二重を実現することも可能です。切開法の特長としては、瞼の脂肪を取り除くことによって、どんなに重たい一重の人でも幅広い二重を手に入れられることにあるでしょう。その上、メスを入れてまぶたを切除することで、その形は半永久的に保ち続けると言えます。

切開法とは逆に、元の形に戻すことも可能とする埋没法は、二重形成術を初めて受ける利用者にとって最適な施術法になります。その理由はまぶたにメスを入れることなく、希望する二重のラインに合わせて、まぶたを数点糸で留めるだけの施術だからです。糸を外す施術を行なえば、すぐに目が元の形に戻るでしょう。二重の幅をいくつか試したい人や、まずは施術の様子を見たいという人に最適な施術法になります。しかし、切開法とは異なってまぶたの脂肪を取り除くことができないので、重たい一重の人が幅広い二重を望むことは難しいです。その為、カウンセリング時には、希望を聞きながら最適となる施術法を担当医から教えてもらえるでしょう。理想と結果をあらかじめ知れることは大きな収穫になると言えます。

一重の人がメイクによって二重に仕上げる為には、アイプチやアイテープを用います。それらのメイク時間が美容整形施術を受けることによって全くなくなると考えると、大きなメイク時短になるでしょう。また、アイプチやアイテープを購入する必要もなくなるので、経済的負担も軽減されます。美容整形施術を受ける際に掛かる、多額の費用を懸念する人もいますが、長期的な目でみると逆に安上がりだと言えます。二重形成術は美容整形施術の中でも安い方にあたるので、プチ整形と称してハードルの低い施術だとも言われています。メイクの時短だと思えば誰でも試してみたくなるでしょう。